BIOGRAPHY

小野リサ|Ono Lisa

ブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。 1989年デビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノバを日本中に広める。
ボサノバの神様 アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠 ジョアン・ドナートら著名なアーティストとの共演や、ニューヨークやブラジル、アジア各国での公演も積極的に行っており、海外においても高い評価を得ている。1999年アルバム「ドリーム」が20万枚を越えるヒットを記録するなど、これまでに日本ゴールドディスク大賞「ジャズ部門」を4度受賞。2013年にはブラジル政府よりリオ・ブランコ国家勲章を授与される等、日本におけるボサノバの第一人者としてその地位を不動のものとしている。
1989
  • 2月

    1stシングル『YOU,RE SO UNIQUE』を発表。マックスファクターのCM songに起用される。
  • 10月

    サッポロワイン“ポレール”のCM songに起用され話題となった『星の散歩』をシングル発表。
1990
  • 5月

    初の全国ツアーを実施。
  • 10月

    ブラジルよりドリス・モンテイロ、ジョニ・アルフ、マルサールらを迎えて、2回目の全国ツアーを敢行。
  • 12月

    東京ドームで行われたジョン・レノン生誕50周年記念コンサートに出演。
1991
  • 3月

    前年発表の「Nanã/ナナン」が日本ゴールドディスク・ジャズ部門を受賞。
1993
  • 1月

    初のラジオレギュラー番組《セレナータ・カリオカ》がbay-fmでスタート
  • 3月

    ALBUM『menina/ミニーナ』が日本ゴールドディスクを受賞。
  • 4月

    シングル『FLOR DO CAMPO』が、資生堂のCM songに起用される。
    初めての日本語曲『太陽の子どもたち』が、NHKみんなのうた、にてオンエアされる。
  • 11月

    初のフォト&エッセイ集《フェリシダージ》(情報センター出版局)発表。

    この年、自身による【ナナン・レーベル】を立ち上げ、ブラジルの優れた音楽を積極的に日本に紹介してゆく
1994
  • 1月

    東京・大阪・福岡のブルーノートにて、36公演にわたるツアーを実施。
  • 2月

    ニューヨークにて初の公演を実施。
1995
  • 10月

    ニューヨークのスイート・ベイジルにて公演。
1996
  • 6月

    ジョアン・ドナートと共に全国ツアーを実施。リオ、サンパウロでもコンサートを開催し、大成功を収める。
2000
  • 7月

    『Moonlight Serenade』が、三菱自動車パジェロイオのCMソングに起用される。その楽曲を含むアルバム『DREAM』が20万枚を超えるヒットアルバムとなり、香港や台湾でもリリースされ、アジアでの認知度が高まった。
2001
  • 7月

    アルバム『Questa Bossa Mia』をアジア全域(香港・台湾・中国・韓国・マレーシア・タイ・シンガポール・フィリピン)でもリリース。アジアを代表するボサノヴァ・シンガーとしての地位を不動のものとする。
2006
  • 11月

    3度目となる台湾公演を皮切りに、初のシンガポール、韓国でも公演を行う。
    海外でのコンサートではボサノヴァのスタンダードナンバーやアルバム曲に加え、各国の歌を現地の言葉で歌い、大成功を収める。日本はもとより、現地メディアに大きく取り上げられ話題となる。台湾ではアルバム3部作がゴールドディスクを獲得。
2007
  • 2月

    前年発表の『Romance Lation Vol,1』が日本GOLD DISK大賞“JAZZ ALBUM OF THE YEAR”部門を受賞。
2009
  • 2月

    前年発表の『Jambalaya~Bossa Americana~』が台湾にてプラチナ・アルバムを獲得。
    また、台湾の最大手デジタル配にて信サイト【KK BOX】にて6か月連続JAZZ部門月間チャート1位、インターナショナルチャート半年以上月間チャートトップ10入りを果たし、【KK BOX Digiyal Music Awards】にて最優秀洋楽アルバム賞を受賞。
    日本では日本ゴールドディスク大賞【JAZZ ALBUM OF THE YEAR】部門を2年連続で受賞。
  • 3月

    ジャカルタで開催された《Jave Jazz Festival 2007》に出演。初のインドネシア公演にも関わらず、多くのファンが会場に押し寄せ、ステージ終盤はスタンディング・オベーションの熱狂的な盛り上がりで大成功を収める
  • 6月

    《2009 Shanghai Jazzy》に出演。上海Jazz Weekのオープニングをワンマンライブで飾った。
    初の上海公演にしてチケットが即日完売となった。
  • 8月

    アントニオ・カルロス・ジョビン生誕80周年を記念して、息子と孫であるパウロ&ダニエル・ジョビン、そしてジョビンの盟友ミウシャをゲストに招いたスペシャル・トリビュートライブ【Sunset Bossa~Tribute to Antonio Carlos Jobim~】を日比谷野外音楽堂にて開催
2010
  • 1月

    1月から4月にかけて、北京・上海・香港・台北・バンコクにてアジアツアーを開催。
  • 5月

    5月から7月にかけて、NEW ALBUM発売を記念した、《LISA ONO Concert tour 2009~Jazz Standards》を全国13会場にて開催。
  • 11月

    札幌・神戸・東京にて《LISA ONO Winter Bossa Tour 2009》を開催。
    中国7都市にて《LISA ONO Winter Bossa Tour 2009 in CHINA》を開催。
2011
  • 8月

    8月から12月にかけて、アジアツアーを海外24都市にて開催。
2012
  • 7月

    7月から12月にかけて、中国・台湾・タイ・などにてアジアツアーを開催。
2013
  • 8月

    長年の活動の功績が認められ、ブラジル政府の最高勲章の1つである『リオブランコ国家勲章』を受章。
  • 10月

    中国映画『大明劫』のエンディングテーマ曲を歌う。
  • 12月

    12月から2014年1月にかけて、christmas&New Yearコンサートを中国6都市にて開催。
2014
  • 1月

    野村不動産『PROUD』シリーズのCM用に【PROUD x WhitehavenBeach with RISA ONO】として、「Someone to watch over me」をアレンジし、起用される。
  • 2月

    津軽三味線奏者の上妻宏光氏の公演に和と洋の共演(ゲスト出演)を兵庫・愛知・東京にて行う
  • 4月

    JAZZ WEEK TOKYO2014(in渋谷オーチャードホール)にて、ブラジルプロジェクトと題して、アントニオ・カルロス・ジョビンの数々の名曲を、リー・リトナー及びデイブ・グルーシンそしてジョビンの孫にあたるダニエル・ジョビンの公演にゲスト出演し、大成功を収めた。
  • 5月

    CDデビュー25周年を記念して、音楽の原点に戻りALBUM、『BRASIL』を発表。
    6月にはブラジルより、長年の友人であり、今作のアレンジャーでもあるあるマリオ・アジネーを迎えBlue note tokyoにて4day,s公演を行った。全8公演とも、SOLDOUTとなり、連日立ち見客も出る程。
  • 7月

    世界三大JAZZ FESTIVALの1つ、モントルー・ジャズ・フェスティバルに、Blue note TOKYO ALL☆BIG BANDのゲストとして出演。
  • 9月

    小野リサJapao tour~ボサノヴァでめぐる世界の音楽の旅~を西日本公演からスタート。国内数十か所を巡り各地でsold outに。
    海外公演も同時にstart。
  • 11月

    2015年GWロードショー、映画『王妃の館』のエンディング曲を担当する事が決まる。曲は、『PLAISIR D’AMOUR』。
    原作は浅田次郎さん、主演は水谷 豊さん。
    また、Disneyから発売となった、ボサノヴァの名手達によるディズニー・ボサノヴァ・ベスト「Bossa Disney Best」。
    初収録で、リサが『アナと雪の女王』主題歌「Let It Go」をボサノヴァ・カバー!
  • 12月

    9月の北京jazz fesを皮切りに始まった2014年の中国ツアー(全14都市)を、2015年の年始にかけ行う。
2015
  • 3月

    東南アジア最大級の音楽イベント“Jakarta International Java Jazz Festival /ジャワ ジャズフェスティバル2015に出演。2日間で4500名の収容可能会場にて、身動きの取れないほどの立ち見客を動員し、スタンディング・オベーションでの大歓声の中、大成功にて終える。
    また、帰国後直後に行われた、3.11東北大震災の復興イベント(CINEMA MUSIC JAM for 東北@豊洲PIT)に、ゴスペラーズやサラ・オレイン・溝口肇氏などと共演。
  • 5月

    韓国の人気アーティストグループ『Brown Eyed Soul』のメンバー、JUNG YUP(アン・ジョンヨブ)氏のオリジナル3rdアルバム、”Merry Go Round”内の1曲(A Thousand Miles)に参加。
    また、ニッケイ新聞(サンパウロ市で週5回発行している日本語新聞)にて、リサがBRASIL在住時に食していた料理を日本にも伝えたいと、料理エッセイ『小野リサのBom Apetite!』をスタートさせる。